インプラントとは

人は永久歯を失うと残念ながら二度と元には戻りません。そのため今までは「入れ歯」などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。
しかし「入れ歯」だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。

このように歯を失ってお悩みの方に「インプラント治療」をご紹介いたします。 インプラントで輝く笑顔、咬める喜びを取り戻しませんか?

※インプラントは保険外診療です。
インプラントの費用についてはこちら

インプラントのメリットは?従来の治療と比較してどこがいいの?

歯を1~2本失った場合

従来の治療

ブリッジで治療します。健康な歯を削る必要があり、また、支えとなる歯に加重負担がかかるため、将来的に健康な歯を失う可能性があります。

インプラント

歯を失った部位にインプラントを入れることで、両隣の健康な歯を削ることなく、また、他の歯に負担をかけることなく、歯を元に戻すことができます。

歯を数本失った場合

従来の治療

部分入れ歯で治療します。入れ歯を支えるためのバネが、見た目にも機能的にも不快です。また、バネを支える歯に加重負担がかかり、将来歯を失う原因になる場合があります。

インプラント

歯を失った部位に適切な数のインプラントを入れ、固定式の歯を入れます。取り外しの必要がなく、また、他の歯に加重負担をかけることがありません。

歯を多数失った場合

従来の治療

非常に大きな入れ歯、あるいは総入れ歯となります。支えがないため入れ歯が動きやすく、歯肉にあたって痛むことがあります。また、あごが痩せるため、はずれやすくなります。

インプラント

数本のインプラントを入れ、これを固定源として入れ歯を支えます。これによって入れ歯がはずれにくくなり、しっかり咬めるようになります。また、入れ歯を小さくすることができるため、使い心地が格段に向上します。

インプラントの治療手順

Step1 精密検査および結果・治療内容のご説明

レントゲン撮影・歯科用CT撮影や模型診査、咬み合わせの診査、全身状態の確認などの精密検査を行い、インプラント治療の可否、手術法を検討します。その後、治療に関する詳しい説明を受けていただきます。


また、歯周病が認められる方など、インプラント手術前に必要な治療がある場合は、手術に先立って必要な処置を行います。


Step2 インプラント手術

インプラントの手術を行います。局所麻酔(通常の歯科治療で使用する麻酔)を使用します。約1~2時間で終了し、入院などの必要はありません。



Step3 治癒待ち

インプラントと顎の骨がしっかり結合するまで3~6ヶ月待ちます。治癒期間は、状態により異なります。必要によっては、治癒期間中は仮歯を使用します。


Step4 歯の装着

治癒期間後、二次手術、型採りをを行い、インプラントに人工の歯を装着します。インプラント治療終了後は、この快適な状態を維持するため、必ず定期的なメインテナンスを受けていただきます。

インプラント治療例

前歯のインプラント


犬歯(前から3番目の歯)にインプラント治療を行いました。自然な口元に仕上がっています。

奥歯のインプラント


下顎左右奥歯に2本ずつインプラント治療を行いました。奥歯でしっかり咬めるようになったと、患者さんも満足していただいています。

インプラントと義歯を併用




右上5本欠損のところに、インプラントを支えとした義歯を入れる治療を行いました。インプラントを支えとしているため、バネがなく見た目にも自然で、かつ最小限の大きさのため違和感の少ない義歯にすることができました。インプラントの本数も最小限ですむため、手術侵襲も最小限に抑えることができました。

※インプラントは保険外診療です。
インプラントの費用についてはこちら

インプラントについてのご相談

インプラント治療に関するご相談はメールでも受け付けております。
ご希望の方は、下記よりご利用ください。

なお、メール相談・Web予約ご利用にあたり、携帯電話・スマートフォン・PCの迷惑メール受信設定を行っている方は、当院からの返信メールが受信できない場合がございますので、tt-dental.comからのメールを受信できるよう、設定の変更をお願いいたします。